ここから少し、楽天モバイルの宣伝になります。

このサイトでアフィリエートや広告を貼るつもりは全然無かったのですが、
6月中に楽天モバイルの契約30件を取るか、船を降りるかするように言われています。

回線の増設を考えている方、お子様に新しく携帯を持たせようと考えている方、
下記リンク先で楽天にログイン後、楽天モバイルの各プランをご検討いただけないでしょうか。
楽天モバイル 紹介リンク

DUMP key

Redis固有の形式でキーに格納されている値をシリアライズし、それをユーザに返します。返される値は RESTORE コマンドを使ってRedisキーに合成することができます。

シリアライズ形式は不透明で標準的ではありませんが、幾つかのセマンティックな特性があります:

  • エラーが確実に検出されるようにするために使われる64ビットのチェックサムを含みます。RESTORE コマンドはシリアライズ化された値を使ってキーを合成する前に必ずチェックサムをチェックします。
  • 値はRDBによって使われるものと同じ形式でエンコードされます。
  • RDBバージョンはシリアライズ化された値の中でエンコードされるため、互換性のないRDBフォーマットの異なるRedisのバージョンはシリアライズ化された値の処理を拒否します。

シリアライズ化された値は有効期限の情報を持ちません。現在の値の存続期間を把握するためには、PTTL コマンドが使われるべきです。

もしkey が存在しない場合は nil の一括応答が返されます。

*返り値

Bulk string reply: シリアライズ化された値。

*

redis>  SET mykey 10
"OK"
redis>  DUMP mykey
"\u0000\xC0\n\t\u0000\xBEm\u0006\x89Z(\u0000\n"
redis> 
TOP
inserted by FC2 system