*ダウンロード

Redisはバージョン付けに標準的な慣習を使います: major.minor.patchlevel. 1.2, 2.0, 2.2, 2.4, 2.6, 2.8 のような偶数の マイナー安定 リリースを表します。奇数のマイナーは 非安定リリースのために使われます。例えば、2.9.x リリースは安定になったらRedis3.0になるだろう非安定バージョンです。

  • 非安定

    これは、全ての開発が行われるためのものです。本格的なハッカーだけのもの。最新の機能あるいはパフォーマンスの改善をテストする必要がある場合のみ使ってください。これは2,3か月で次のRedisリリースになるでしょう。
  • Stable (6.0)

    Redis 6.0 では、SSL、新しい RESP3 プロトコル、ACL、クライアント側キャッシュ、ディスクレスレプリカ、I/Oスレッド、高速なRDB読み込み、新しいモジュールAPI、その他多くの改善が導入されています。
  • Docker

    Docker HubからRedisのDockerイメージを取得することができます。複数のバージョンが利用可能で、通常は新しいリリースが利用可能になってすぐに更新されます。

Redis Labs の無料の Redis クラウドサービスを使うこともできます。

*他のバージョン

Old (5.0)

Redis 5.0 はコンシューマグループ、ソートされたブロッキング ポップ操作、RDBのLFU/LRU 情報、redis-ci内のクラスタマネージャ、アクティブ デフラグメント V2、HyperLogLogs の改善、および他の多くの改善を持つ新しいストリームデータ型を導入する最初のRedisのバージョンです。Redis 5 は 2018年10月にGAとしてリリースされました。
リリースノートを見るか、 5.0.9 をダウンロードします。

*その他

古いダウンロードはまだGoogle Codeでダウンロード可能です。

スクリプトとその他の自動ダウンロード は、http://download.redis.io/redis-stable.tar.gz で最新のRedis安定版バージョンのtarballに簡単にアクセスできます。それぞれの SHA256サムはhttp://download.redis.io/redis-stable.tar.gz.SHA256SUM にあります。最新の安定版リリースのソースコードは、ここで常に閲覧可能で、バージョンを自動的に抽出するには、ファイル src/version.h を使ってください。

*完全性のためにファイルを検証する方法

Github リポジトリredis-hashes はリリースされたtarball書庫のSHA1ダイジェストを持つREADMEファイルを含みます。注意: 一般的なredis-stable.tar.gz の tarball は、redis-stableディレクトリに解凍するために修正されているため、ハッシュに一致しません。

*インストレーション

ダウンロードし、解凍し、以下を使ってRedisをコンパイルします:

$ wget http://download.redis.io/releases/redis-6.0.8.tar.gz
$ tar xzf redis-6.0.8.tar.gz
$ cd redis-6.0.8
$ make

たった今コンパイルされたバイナリがsrcディレクトリ内で利用可能です。以下でRedisを実行します:

$ src/redis-server

組み込みのクライアントを使ってRedisとやり取りすることができます:

$ src/redis-cli
redis> set foo bar
OK
redis> get foo
"bar"

Redisは初めてですか?オンライン、インタラクティブなチュートリアルを試してください。

TOP
inserted by FC2 system