*ドキュメント

注意: Redisドキュメントはredis-doc github リポジトリの中で生 (コンピュータ フレンドリ)の形式でも利用可能です。RedisドキュメントはCreative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International licenseのもとでリリースされます。

*Redisを使ったプログラミング

  • それぞれについてのドキュメントと一緒に、Redisによって実装されたコマンドの完全なリスト
  • パイプライン: ラウンド トリップ時間を保存しながら、一度に複数のコマンドを送信する方法を学ぶ。
  • Redis Pub/Sub: Redisは高速で安定した発行/購読 メッセージング システムです!試してみてください。
  • Redis Lua スクリプト: Redis Lua スクリプトの特徴のドキュメント。
  • Lua スクリプトのデバッグ: Redis 3.2 はRedisスクリプトのためのnativeなLuaデバッガーを導入します。
  • メモリの最適化: RedisがどのようにRAMを使うかを理解し、それをあまり使わないための方法を学ぶ。
  • Expires: Redisは各キーについて期限切れになった時にサーバから自動的にそのキーが削除されるように、異なる生存期間を設定することができます。
  • LRUキャッシュとしてのRedis: メモリの固定量とキーの自動退去を持つキャッシュとしてRedisを設定および使う方法。
  • Redis トランザクション: 1つのトランザクションとして実行されるようにコマンドを1つにグループ化することができます。
  • クライアント側のキャッシュ: バージョン6以降、Redisはサーバ支援のクライアント側のキャッシュをサポートします。このドキュメントはそれをどう使うかを説明します。
  • データの大量挿入: 事前に存在あるいは生成された大量のデータを短時間でRedisインスタンスに追加する方法。
  • パーティショニング: データを複数のRedisインスタンス間に分散する方法。
  • 分散ロック: Redisを使った分散ロックマネージャーの実装。
  • Redisのキー空間の通知: Pub/Subを使ってキー空間のイベントの通知を取得します (Redis 2.8以上)。
  • Redisを使ったセカンダリ インデックスの作成: セカンダリ インデックス、合成インデックス および横断グラフを作成するためにRedisのデータ構造を使用します。

*Redis モジュール API

  • Redisモジュールの紹介。Redis 4.0モジュールのプログラミングについて学ぶのを開始するのに良い場所です。
  • nativeデータ型の実装。モジュールの走査は組み込みのデータ型のような新しいデータ型(データ構造など)を実装します。このドキュメントはそれを行うためのAPIをカバーします。
  • モジュールを使ったオペレーションのブロッキング。これはまだ実験的なAPIですが、(Redisをブロックせずに)クライアントをブロックし、他のスレッド内でタスクを実行することができるコマンドを書くためのとても強力なものです。
  • Redis モジュール API リファレンスsrc/module.c内部のソースコード内の一番上のコメントから直接生成されます。APIの使い方について多くの低レベルの詳細を含みます。

*チュートリアル & FAQ

*管理

  • Redis-cli: Redisコマンドライン インタフェースを習得するための方法を学ぶ。管理、トラブルシュート および Redisを使った実験のためにとても良く使うだろう何か。
  • 構成: redisをどうように構成するか。
  • Replication: マスター-レプリカ のレプリケーションをセットアップするために知るべき必要がある事柄。
  • 持続性: Redisの持続性を構成する時のオプションを知る。
  • Redis 管理: 選択された管理トピック。
  • セキュリティ: Reidsセキュリティの概要。
  • Redis アクセス制御リスト: バージョン6以降、RedisはACLをサポートします。ユーザが、選択されたコマンドのみを実行でき、特定のキーパターンのみにアクセスできるように設定することができます。
  • 暗号化: Redisクライアント-サーバの通信を暗号化する方法。
  • シグナルの扱い: Redisはシグナルをどう扱うか。
  • 接続の扱い: Redisはクライアント接続をどう扱うか。
  • 高可用性: Redis Sentinel はRedisのための公式の高可用性の解法です。
  • レイテンシの監視: レンテンシの監視と将来性の報告を統合したRedisは低レンテンシの仕事のためにRedisインスタンスを調整するのに役立ちます。
  • ベンチマーク: 異なるプラットフォームでRedisがどれだけ速いかを見る。
  • Redis リリース: Redisの開発サイクルとバージョン番号。

*組み込みとIoT

*トラブルシューティング

*Redis クラスタ

*Redisに基づいた他の分散システム

  • Redis CRDTs Redisのアクティブ-アクティブな地理分散ソリューション。
  • Roshi はRedisベースとGoで実装されたタイムスタンプ付きのイベントのための大規模CRDTセットの実装です。最初はthe SoundCloud streamのために開発されました。

*SSDと永続化メモリ上のRedis

  • Redis Lab による Redis on Flash は、SSDと永続化メモリで DRAM 容量を拡張します。

*仕様

*リソース

*使用例

*

以下は既に発行されているRedisをカバーする本のリストです。本はリリース日付によって並べられています (新しい本が最初です)。

以下の本には、Redis に関する内容がありますが、Redis に特化したものではありません:

*著作権表示

Redis は Redis コミュニティによって開発および維持されています。

プロジェクトは、2020年6月30日まで Salvatore Sanfilippo によって作成、開発、維持されていました。これまで、Pieter NoordhuisMatt Stancliff がとても大量のコードとアイデアをRedisコアとクライアントライブラリに提供しました。

Redisの貢献者の完全なリストはGithubのRedisの貢献者のページで見つかります。しかし、アイデア、テスト、バグレポートのような他の形式の貢献があります。可能であれば、貢献はコミットメッセージの中で通知されます。メーリングリストの書庫Github issues ページ は、Redisコミュニティでアイデアを提供し他のユーザを助けている活発な人々を見つける良いソースです。

*スポンサー

Redisを開発するためにSalvatore Sanfilippo が行った仕事はRedis Labsによって後援されます。Redisプロジェクトの他のスポンサーと過去のスポンサーはスポンサーのページでリスト化されています。

*ライセンス、トレードマークとロゴ

TOP
inserted by FC2 system