SCRIPT KILL

スクリプトによってまだ書き込み操作が行われていないと仮定して、現在実行中のLuaスクリプトをkillします。

このコマンドは、長時間実行されているスクリプトをkillするのに主に役立ちます (例えば、バグのために無限ループに入ったため)。スクリプトはkillされ、現在 EVAL にブロックされているクライアントは、コマンドがエラーで戻ることを見るでしょう。

もしスクリプトがすでに書き込み操作を行った場合は、Lua スクリプトのアトミック規約に違反するため、この方法でkillすることができません。そのような場合、SHUTDOWN NOSAVEだけがスクリプトを kill することができ、half-written 情報を残し続けない難しい方法でRedisプロセスを kill します。

Redis Lua スクリプトについての詳細は EVAL ドキュメントを参照してください。

*返り値

単純な文字列の応答

TOP
inserted by FC2 system