CLIENT CACHING YES|NO

このコマンドは、OPTIN または OPTOUT モードで追跡が有効になっている場合に、接続によって実行される次のコマンドでのキーの追跡を制御します。背景情報については、クライアントサイドのキャッシュドキュメントを調べてください。

追跡が有効になっている場合、Redis は、CLIENT TRACKING コマンドを使って、OPTIN または OPTOUT を指定できるため、読み取り専用コマンドのキーはサーバーによって自動的に記憶されて後で無効になることはありません。OPTIN モードの場合、直前に CLIENT CACHING yes を呼び出すことで、次のコマンドでキーの追跡を有効にできます。同様に、OPTOUT モードでキーが通常追跡されている場合、CLIENT CACHING no を使って次のコマンドのキーが追跡されることを回避できます。

基本的に、コマンドは接続の状態を設定します。これは、次のコマンドの実行に対してのみ有効であり、クライアントの追跡の動作を変更します。

*返り値

Simple string reply: OK、または引数が yes または no でない場合はエラー。

TOP
inserted by FC2 system