ngx_mail_imap_module モジュール

ディレクティブ
     imap_auth
     imap_capabilities
     imap_client_buffer

ディレクティブ

構文: imap_auth method ...;
デフォルト:
imap_auth plain;
コンテキスト: mail, server

IMAPクライアントのために許可された認証メソッドを設定します。サポートされているメソッドは::

login
AUTH=LOGIN
plain
AUTH=PLAIN
cram-md5
AUTH=CRAM-MD5. このメソッドを動作させるには、パスワードが暗号化されていない状態で保持されている必要があります。
external
AUTH=EXTERNAL (1.11.6).

構文: imap_capabilities extension ...;
デフォルト:
imap_capabilities IMAP4 IMAP4rev1 UIDPLUS;
コンテキスト: mail, server

CAPABILITYコマンドに応答するためにクライアントに渡されるIMAP protocol拡張を設定します。The authentication methods specified in the imap_auth directive and STARTTLS are automatically added to this list depending on the starttls directive value.

クライアントがプロキシされる先のIMAPでサポートされる拡張を指定することには意味があります(nginxがクライアントの接続をバックエンドに透過的にプロキシする場合で、もしこれらの拡張が認証が終わった後に使われるコマンドに関係するならば)。

標準化された拡張の現在のリストは、www.iana.org.で公示されています。

構文: imap_client_buffer size;
デフォルト:
imap_client_buffer 4k|8k;
コンテキスト: mail, server

IMAPコマンドの読み込みバッファサイズを設定します。デフォルトでは、バッファサイズはメモリページと同じサイズです。これは4Kあるいは8kです。プラットフォームに依存します。

TOP
inserted by FC2 system