ここから少し、楽天モバイルの宣伝になります。

このサイトでアフィリエートや広告を貼るつもりは全然無かったのですが、
6月中に楽天モバイルの契約30件を取るか、船を降りるかするように言われています。

回線の増設を考えている方、お子様に新しく携帯を持たせようと考えている方、
下記リンク先で楽天にログイン後、楽天モバイルの各プランをご検討いただけないでしょうか。
楽天モバイル 紹介リンク

ngx_http_userid_module モジュール

設定例
ディレクティブ
     userid
     userid_domain
     userid_expires
     userid_flags
     userid_mark
     userid_name
     userid_p3p
     userid_path
     userid_service
埋め込み変数

ngx_http_userid_moduleモジュールはクライアント識別に適したクッキーを設定します。受け取りと設定のクッキーは埋め込み変数$uid_got$uid_setを使って記録することができます。このモジュールはApacheのmod_uid モジュールと互換性があります。

設定例

userid         on;
userid_name    uid;
userid_domain  example.com;
userid_path    /;
userid_expires 365d;
userid_p3p     'policyref="/w3c/p3p.xml", CP="CUR ADM OUR NOR STA NID"';

ディレクティブ

構文: userid on | v1 | log | off;
デフォルト:
userid off;
コンテキスト: http, server, location

クッキーの設定と受け取ったクッキーの記録を有効または無効にします:

on
バージョン2のクッキーの設定と受け取ったクッキーの記録を有効にします;
v1
バージョン1のクッキーの設定と受け取ったクッキーの記録を有効にします;
log
クッキーの設定を無効にしますが、受け取ったクッキーの記録を有効にします;
off
クッキーの設定と受け取ったクッキーの記録を無効にします。

構文: userid_domain name | none;
デフォルト:
userid_domain none;
コンテキスト: http, server, location

どのドメインのクッキーかを設定するドメインを定義します。noneパラメータはクッキーのドメインの設定を無効にします。

構文: userid_expires time | max | off;
デフォルト:
userid_expires off;
コンテキスト: http, server, location

ブラウザがクッキーを保持する期間を設定します。パラメータ max は クッキーの期限を"31 Dec 2037 23:55:55 GMT"に設定します。パラメータoffはクッキーの期限をブラウザのセッションの終わりに設定します。

構文: userid_flags off | flag ...;
デフォルト:
userid_flags off;
コンテキスト: http, server, location

このディレクティブはバージョン1.19.3から導入されました。

パラメータがoffでは無い場合、クッキーに1つ以上の追加のフラグを定義します: secure, httponly, samesite=strict, samesite=lax, samesite=none

構文: userid_mark letter | digit | = | off;
デフォルト:
userid_mark off;
コンテキスト: http, server, location

パラメータが offでは無い場合、クッキーのマーキング機能を有効にし、印として使われる文字を設定します。この仕組みは、クライアントの識別が維持される間のuserid_p3p、それと/あるいは クッキーの期限 を追加または変更するために使われます。印は英語のアルファベット(大文字小文字を区別)、数値、あるいは="文字のいずれかの文字が成り得ます。

印が設定されると、クッキーで渡されるクライアントの識別子のbase64表現の最初のパディングシンボルと比較されます。それらが一致しない場合は、クッキーは指定された文字、期限と"P3P"ヘッダで再送信されます。

構文: userid_name name;
デフォルト:
userid_name uid;
コンテキスト: http, server, location

クッキー名を設定します。

構文: userid_p3p string | none;
デフォルト:
userid_p3p none;
コンテキスト: http, server, location

クッキーと一緒に送信される"P3P"ヘッダの値を設定します。ディレクティブが特別な値 none,に設定された場合、"P3P"ヘッダは応答の中で送信されないでしょう。

構文: userid_path path;
デフォルト:
userid_path /;
コンテキスト: http, server, location

どのパスのクッキーかを設定するパスを定義します。

構文: userid_service number;
デフォルト:
userid_service サーバのIPアドレス;
コンテキスト: http, server, location

複数のサーバ(サービス)で識別子を発行する場合、それぞれのサービスはクライアントの識別子がユニークになるように独自のnumberが割り当てられる必要があります。バージョン1のクッキーでは、デフォルト値はゼロです。バージョン2のクッキーでは、デフォルトの値はサーバのIPアドレスの最後の4オクテットから作られた数値です。

埋め込み変数

ngx_http_userid_moduleモジュールは次の埋め込み変数をサポートします:

$uid_got
クッキー名と受け取ったクライアントの識別子
$uid_reset
変数が0では無い空以外の文字列に設定された場合、クライアントの識別子はリセットされます。特別な値 "log" は、更にerror_logに識別子のリセットに関するメッセージを出力する原因になります。
$uid_set
クッキー名と送信したクライアントの識別子

TOP
inserted by FC2 system