LeoFSWebのための構造化されていないオブジェクトのストレージであり、高可用性、分散、つまりは堅実なストレージシステムです。

特徴

複数のプロトコル - Rest, S-API および NFS

小さな & 大きなオブジェクトのサポート

組み込みのキャッシュの仕組み

マルチデータセンタのリプリケーション

Watchdogを使った自動操作

LeoFS v1.2

自動コンパクションおよびWatchdog

ダウンロード

LeoFS v1.1

NFS サポート - LeoFSの中に大量のデータを集中管理することを目的にしています

LeoFS v1.0

マルチデータセンタのリプリケーション

このプレゼンテーションは2014年10月に楽天テクノロジーカンファレンスで行われました。

更新

新しい機能:

watchdog

  • 目的とするリソース: [cpu, io, disk, cluster]
  • 状態: Production
  • 必要条件: CentOS-6.5 以降およびUbuntu-14.04 以降、FreeBSDおよびSmartOS

自動コンパクション

履歴:

Resources

  ダウンロード

以下の選択肢の中であなたのOSを見つけることができるはずです。

 Code

Built for and maintained by the community via GitHub. LeoFSのライセンスは Apache V2です。


全てのLeoFSに関係するコードをGitHubで公開しています。"魔法のブラックボックスはありません"

  ドキュメント

The documentation introduces LeoFS and continues to operational considerations and procedures, and administration

最近の文章

Users

   

Contacts/SNS

TOP
inserted by FC2 system