メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

並行処理制御

ClustrixDBは read-write の混合の仕事をサポートするために、複数バージョンの並行制御 (MVCC) と 2フェーズのロック(2PL) の組み合わせを使用します。私たちのシステムでは、writerが衝突を管理するために2PLを使っている間、readerはロック無しのスナップショット隔離を楽しみます。並行処理制御の組み合わせはreaderがwriterを邪魔しないことを意味し(あるいは逆も同じ)、writerはupdateの命令には明示的なロックを利用します。 

一貫性, 耐障害性, および可用性

ClustrixDBは知的なデータ分散, 複数バージョンの並行処理制御(MVCC), および Paxosの組み合わせを使ってスケールすることができます。このやり方により、ClustrixDBは書き込みがある時のwriteのスケール、readのスケール、およびACIDセマンティックスを提供します。ClustrixDBがどうやってreadとwriteのスケールをするかを詳しく説明するために、並行処理制御モデル構造のドキュメントを参照してください。

データの分散

評価モデル

ClustrixDBはシンプルなクエリには並行クエリ評価を、分析的なクエリには大規模並行処理(MPP)を利用します。(columnar storeに似ています)クエリの評価となぜクエリはClustrixDBで(ほぼ)線形にスケールするのかを理解するためには、いくつかの例を見るのが良いでしょう。SQLスキーマから始めて、いくつかの例をwork throughしてみましょう。

グローバルチェックポイント

Query オプティマイザ

Clustrixのクエリの最適化の根底は、一つのクエリを最大の並行で行い、同時のクエリを最大の並行処理で行う能力にあります。これは、分散されたクエリプランナとコンパイラ、および分散されたshared-nothing実行エンジンによって実現されます。

リバランサー

リバランサはクラスタ内のhealthyなデータの分散を維持するための自動化されたシステムです。ユーザデータの分配と配置を変更することで"unhealthy"クラスタへ応答することはリバランサの仕事です。リバランサは最小限のユーザ操作への介入でクラスタへ変更を及ぼすオンラインのプロセスです。リバランサはクラスタの管理者を手動でデータの配置を操作する仕事から解放します。

  • ラベルなし
TOP
inserted by FC2 system