メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動


ClustrixDBはMySQLのリプリケーションのプロトコルをスレーブとマスターの両方でサポートしています。サーバを統一するために別個のリプリケーションマスタへの接続が可能な複数のスレーブインスタンスの作成をサポートすることで、MySQLの機能を拡張します。Clustrixはさらに複数のバイナリログ(binlogs)の作成をサポートし、それぞれは特定のデータベースに対応することができ、別個のリプリケーションスレーブによってアクセスされることができます。

複数のスレーブ構成を実行する場合、ClustrixDBはラウンドロビン形式のロードバランスリプリケーション接続によってそれぞれのノードを利用することができます。

Icon

ClustrixDBとMySQLインスタンスの間でリプリケートする場合に、マスターとスレーブのデータが正確に一致することを保証するために、両方のDBMSのタイムゾーンを同じに設定してください。タイムゾーンが異なると、データの不整合のリスクがあります。


以下のトピックでは、MySQLデータベースへのリプリケーションおよびMySQLデータベースからのリプリケーションを含めた、リプリケーションのためのクラスタを設定する方法を説明します。

オンライン スキーマ変更を実施する場合は、レプリケーション関係の章も見てください。

TOP
inserted by FC2 system