メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

Clustrix 5.0 リリースの主なマイルストーンは、 ClustrixがAWSで使える です。But as with everyone release of Clustrix, there are also new features and bugfixes. Clustrix 5.0 の what is new の概要です。

Icon

アップグレード の警告:

v5.0-9060 リリースはユーザトランザクションが過度のロックを使い始めるのを防ぐ修正を含んでいます。それはグループの変更にすることができます。この修正はそれぞれのトランザクションをグローバルのlockman_max_transaction_locksで指定される行数のロックに制限します。デフォルトは1,000,000で最大3,000,000まで増やすことができます。さらに、ノードあたりに使えるロックの行数のグローバル制限があり、デフォルトは5,000,000です。万一トランザクションがこれらの制限を超過すると、エラーを受け取るでしょう:

"[60419] Transaction is holding too many locks"

万一これらのようなエラーに遭遇したら、lockman_max_transaction_locksを増加しようとするかも知れませんが、ほとんどの場合はトランザクションはそのような大量のロックを取るべきではありません。ですので、利用状況を議論するためにClustrix Supportに連絡を取ることをお勧めします。

パフォーマンス

    • 分散型統計
    • クエリプランナによって使われるIN SETの行評価の改善
    • VIPディレクターが複数のコアで実行できるようする 
    • いくつかの利用状況での CREATE TABLE, ALTER TABLE, および DROP TABLE のパフォーマンスを改善 

CLUSTRIX INSIGHT

    • カスタムレポート

リプリケーション

    • リプリケーションマスタとリプリケーションスレーブのパフォーマンスの改善
    • データベースごとのリプリケーションポリシーを作成できるようにする

その他

    • バックアップを実行する時に圧縮を使えるようにする 
    • INFORMATION_SCHEMA.TABLE_COMMENT および INFORMATION_SCHEMA のサポート。REFERENTIAL_CONSTRAINTS
    • mysql_connectのサポート

完全なリリースノートは ここ で見つかります。

 

TOP
inserted by FC2 system