メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動


このappendixはClustrixのグローバル変数を説明します。

Icon

これらの設定を使う時にはとても注意してください。デフォルトはあなたのシステムに利用的なものではないかも知れませんが、妥当なものに違いありません。製品は進められない設定に対して警告しません。 

グローバル変数名

説明

デフォルト値

allow_distributed_aggregates

 

false

allow_time_stats

 

true

alter_replica_bulk_insert

Enable/Disable Alter Replica Bulk Insert. Legacy Variable. 常にtrueであるべきです。

true

auto_drop_softfailed_nodes

 

true

auto_increment_increment

auto incrementのデフォルトの増分。

1

auto_increment_offset

auto incremntがデフォルトで始まる値。

1

autocommit

各ステートメントが個々のトランザクションであり、自動的にデータベースに適用されるます。

true

autoretry

 

true

backup_backup_concurrency

単一のバックアップトランザクション内の並行性を制御します。

1

backup_compression_buffer_bytes 8192
backup_read_buffer_size_bytes 8192

backup_restore_concurrency

 

0

backup_write_buffer_size_bytes 8192
backup_write_compression_level 6
backup_write_size_check_ms 10
backup_write_size_check_retries 10

binlog_format

binlogを "FORMAT=" 無しで作成する時のデフォルトのbinlogのフォーマット。

デフォルト:

binlog_rotate_threshold

binlogが次のファイルにローテートする前の最大のバイトサイズ。

1073741824

binlog_row_delete_limit

各BINLOG_DELETEタスクが実行される時にトリムする最大の行数。

5000

binlog_trim

binlog-trimが実行中にはTRUE。変更してはいけません。

false

boot_runlevel

 

USER

bulk_insert_concurrent_wal_pages

 

100

character_set_client

 

latin1

character_set_connection

 

latin1

character_set_database

互換性のためのものでダミーの変数です。utf8でなければなりません。

utf8

character_set_results

 

latin1

cluster_name

これはクラスタの構成のためにセットされなければなりません。ホスト名はこの文字列から生成されます。

cl

cluster_vip

ソフトウェアのVIPアドレス。ガイドを見てください。

 

cluster_vip_director

現在のVIP ディレクタ。変更してはいけません。

1

cluster_vip_enabled

ソフトウェアのVIPを有効/無効 にする。

false

cluster_vip_external

外部のVIPアドレス。ガイドを見てください。

 

clustrix_dev_dead_min_alert_interval

/clustrix に関してdisk deadアラートを出す間隔の秒数。

3600

clustrix_dev_full_min_alert_interval

/ または /clustrix に関してdisk-fullアラートを出す間隔の秒数。

3600

clustrix_dev_full_percentage

/ または /clustrix が あまりに一杯だと見なされる使用量のパーセンテージ。

90

clustrix_dev_missing_min_alert_interval

/ または /clustrix が見つからない場合のアラートの間隔の秒数。

3600

clustrix_import

clustrix_import が実行中にはTRUE。変更してはいけません。

false

collation_connection

 

latin1_swedish_ci

collation_database

 

utf8_general_ci

collation_server

 

utf8_general_ci

consistent_order

一貫した順序を強制します。ガイドを見てください。

false

container_type

グローバル コンテナ タイプ。オプションは: layered, btree。

layered

cork_threshold_count

 

100

cork_threshold_ms

 

1000

cost_combine

 

0.1

cost_filter_row

 

0.02

cost_lock

 

8

cost_merge_row

 

0.2

cost_merge_setup

 

5

cost_open

 

3.9

cost_outer

 

0.3

cost_outer_fwd

 

0.1

cost_read_row

 

0.6

cost_sigma_read_sorted

 

0.8

cost_sigma_read_unsorted

 

0.3

cost_sigma_setup

 

20

cost_sigma_write

 

1.1

cost_table_lock

 

1000

customer_name

これはクラスタの構成のためにセットされなければなりません。アラート / ウォーニング で使われます。

Unknown

debug_pattern

DEBUGが有効な場合のDEBUG出力のパターン。

 

default_mysql_slave_name

スレーブの名前が指定されない場合に使うスレーブ名。

デフォルト:

default_replicas

各コンテナのレプリカのデフォルトの数。

2

default_week_format

 

0

device_temporary_space_limit

一時コンテナとして使われることができる最大の容量。

5368709120

diskfull_min_alert_interval

disk-full アラートの間隔の秒数。

3600

diskfull_percentage

ディスクがあまりに一杯だと見なされる使用量のパーセンテージ。

95

dist_stream_aggregate_cost_factor

 

1

distribute_include_primary_key

 

false

eth_heartbeat_port

ethernet ハートビートに使われるポート。変更してはいけません。

52677

filter_cost_factor

 

1

foreign_key_checks

外部キー チェックを有効/無効 にします。

true

format_version

クラスタが最初に作られた時のソフトウェアのバージョンを示す文字列。

5.0.45-clustrix-mainline1-8401-cc2e86516c048bb1-release

found_rows

 

0

ftp_idle_timeout_secs

利用していないFTP接続をタイムアウトするまで待つ秒数。

100000

ftp_read_timeout_secs

READ状態にあるFTP接続をタイムアウトするまで待つ秒数。

600

ftp_reconnect_delay_ms

reconnect() の再実施をするまでの初期の遅延。

1

ftp_reconnect_retries

reconnect()コールを再実施する回数。

10

gmppinger_timeout_ms

 

1500

group_concat_max_len

 

1024

gtm_msg_per_pkt_growth

 

2

gtm_msg_per_pkt_init

 

20

hash_aggregate_cost_factor

 

1

hash_dist_min_slices

クラスタ内のノードあたり一つのスライスを作成するには、この変数を0に設定します。

0

have_clustrix_engine

 

はい。

have_query_cache

互換性のためのものでダミーの変数です。

いいえ

hostname

 

 

hotlist_bound

 

256

httpmon_port

 

3581

ignore_unsupported_sql_modes

 

true

init_connect

mysqlクライアントを使ってログインする場合には、このコマンドを実行します。See MySQL init_connect option.

 

innodb_flush_log_at_trx_commit

互換性のためのものでダミーの変数です。

1

insert_id

 

0

interactive_timeout

互換性のためのものでダミーの変数です。

28800

key_cache_bm_percentage

 

4

key_cache_compact_interval

 

600000

key_cache_fill_percentage

 

70

key_cache_probe_limit

 

32

key_cache_target_hit_percentage

 

80

language

互換性のためのものでダミーの変数です。

/usr/local/mysql/share/mysql/english

last_insert_id

 

0

last_timestamp

 

0

layer_bg_copy_speed

 

131072

layer_copy_speed

 

20971520

layer_short_age

 

1800

layer_short_layers

 

2

layer_short_read

 

200

like_queries_use_index_range

 

true

limit_cost_factor

 

1

lock_dest_on_insert_select

INSERT INTO...SELECT FROM ステートメント時にデスティネーションのテーブルをロックします。

false

lock_on_insert_select

INSERT INTO...SELECT FROM ステートメント時にソースのテーブルをロックします。

true

lock_table_alias_for_update

'LOCK TABLE ... FOR UPDATE' を、MySQL'LOCK TABLE ... WRITE' コマンドが発行された時に、発行します。

false

lock_wait_timeout

クエリがタイムアウトする前に、クエリがテーブルを待つ ms 。

300000

log_bin

互換性のためのものでダミーの変数です。

互換性のためのものでダミーの変数です。

lower_case_table_names

テーブル名に小文字を許します。

1

master_status_binlog

binlogを指定せずに SHOW MASTER STATUS が使われた場合に使用されるbinlog。

 

max_allowed_packet

mysql クライアント接続から受け付ける最大のパケットサイズのバイト数。

16776192

max_connections

クラスタへの最大総接続数。

65408

max_distkeycount

 

0

max_mtable_est

プランナがstatを調査する時の、IN SETの中の要素の最大数。

1000

max_partitions

パーティション可能な最大数。

1024

max_replicas

リプリカ可能な最大数。低ければ、default_replicaの値を上書きます。

3

max_sierra_opt_mem_MB

 

80

max_sierra_parse_mem_MB

 

256

max_sierra_tot_mem_MB

 

128

max_tables

テーブルの最大可能数。変更してはいけません。

10000

mediascan_rate_mb

 

0.5

memory_error_alert_interval_sec

system.alerts_subscriptionsのアドレスに送信される memory アラートの間隔の秒数。.

3600

metadata_max

 

8192

msjoin_cost_factor

 

1

mtable_find_cost_factor

 

1

mtable_scan_cost_factor

 

1

multi_distinct_cost_factor

 

1

mysql_binlog_indexer_interval_trxs

binlog インデクサが実行されるトランザクションの間隔。

500

mysql_binlog_indexer_limit

binlog_indexerプロセスによって一度にインデックスされるトランザクションの最大数。変更してはいけません。

30000

mysql_binlog_size_limit

次のbinlogファイルにローテートする前の最大のbinlogファイルのバイト数。binlogが存在しない場合は、この変数は変更することができません。

104857600

mysql_binlog_trx_scan_batchsize

 

500

mysql_default_db_replication_policy

デフォルト (true) では、全てのデータベースをリプリケートします。あるいは選択的にデータベースをリプリケートします(false)。

true

mysql_default_table_replication_policy

デフォルト(true)では全てのテーブルをリプリケートします。あるいは選択的にリプリケートします(false)。

true

mysql_float_format

 

mysql51

mysql_master_trx_buffer_kb

 

256

mysql_port

mysqlがClustrixにアクセスするデフォルトのポート。

3306

mysql_print_datetime_micros

 

false

mysql_relay_log_size

スレーブプロセスが作成することができるrelayログの最大のサイズのバイト数。

1073741824

mysql_replication_master_sleep_ms

 

1000

mysql_slave_batch_kb_limit

 

512

mysql_slave_batch_limit

スレーブプロセスの中で一度に処理できるトランザクションの数。一度に処理しないためには、この変数を1に設定します。

1500

mysql_slave_log_skipped_statements

ステートメントがスレーブによってスキップされる場合に記録します。

true

mysql_slave_logpos_sync_ms

 

500

mysql_slave_row_corking_enabled

 

false

mysql_slave_session_buffer_size

 

100

mysql_slave_statement_corking_enabled

 

false

mysql_slave_unsafe_ignore_of_all_errors

 

false

ndv_bound

 

1024

net_buffer_length

 

16384

net_write_timeout

mysqlクライアントから何もデータを受け取らない時に接続を閉じるためのタイムアウトの秒数。

60

nljoin_cost_factor

 

1

onerr_interpolate_keys_maxlen

 

50

or_rewrite_limit

 

3

or_rewrite_max

 

1024

outer_cost_factor

 

1

parallel_apply_cost_factor

 

1

pd_high_churn_threshold

Maximum ratio of deletes to cardinality of table after which pd will stop estimating and will transfer to static estimates.

1

pd_high_churn_warn_frequency

変動が激しいテーブルでpdsが無効の場合に、ウォーニングをN回スキップして省略します。

1000

pdcache_min_release_size

 

100

pdcache_release_interval

 

600

pk_lock_cost_factor

 

1

qpc_max_cost_factor

 

2

qpc_max_run_factor

 

100

qpc_max_size

クエリプランナキャッシュの最大サイズのバイト数。

67108864

qpc_recost

 

true

qpc_scale_tot_factor

 

50

qpc_skip_recompiles

 

false

qrc_enabled

 

false

qrc_entry_max_size

単一のクエリ結果キャッシュが入る最大のサイズのバイト数。

131072

qrc_max_size

クエリ結果キャッシュの最大のサイズのバイト数。.

524288

qrc_timer_delay_ms

 

2000

quantile_bound

 

333

query_cache_size

互換性のためのものでダミーの変数です。

0

query_cache_type

互換性のためのものでダミーの変数です。

OFF

query_fanout

 

true

rand_seed

 

0

rand_seed1

 

0

rand_seed2

 

0

rbr_loose_fks

 

false

read_only

read onlyモードを有効/無効 にします。

false

rebalancer_activity_log_hours

動作ログデータをこの時間保持します。ログを無効にするには0を指定します。

24

rebalancer_activity_log_level

ログを無効にするには0を指定します。エラーを記録するだけには1を、全ての開始と終了を記録するには2を、そして詳細な記録には3を指定します。

0

rebalancer_copy_delay

レプリカコピーのキューのセットアップと開始の間の遅延の秒数。

5

rebalancer_device_reserve_pct

リバランサがwrite可能なターゲットだと見なすために必要な空き容量の最小のパーセンテージ。

5

rebalancer_distribute_distributions

異なるノード上でハッシュ分散スライスを配置しようとします。

true

rebalancer_extra_reprotect_tasks

高優先度のリバランス タスク(例えば、rebalancer_reprotect) は、これを増やすことでrebalancer_global_task_limit を超えることができます。

1

rebalancer_global_task_limit

同時にリバランサーが操作できる最大数。

16

rebalancer_rebalance_binlogs

リバランサがアクティブなbinlogを移動できるようにします。

false

rebalancer_rebalance_mode

リバランス モード。

normal

rebalancer_rebalance_task_limit

rebalancer_imbalanced と rebalancer_rebalance_distribution が同時にお互いをスケジュールする最大の操作の数。

1

rebalancer_rebalance_threshold

リバランス動作を引き起こす全体のwrite負荷変動の最小の係数。

0.05

rebalancer_redistribute_min_slices

 

3

rebalancer_redistribute_task_limit

rebalancer_redistribute が一度にスケジュールする操作の最大の数。

2

rebalancer_redistribute_threshold

ハッシュ分散の再分散を引き起こすスライスのサイズ変動の最小の係数。

0.6

rebalancer_redistribute_threshold_kb

リバランサが再分配のためにハッシュ分散を考慮するサイズ。

102400

rebalancer_reprotect_dont_rank

新しく作成されたレプリカをレプリカの順位に入れないように強制します。元来テストのためのものです。

false

rebalancer_reprotect_queue_interval

Queued replicas count as healthy for this many seconds, to give missing nodes the chance to come back online before rebalancer_reprotect starts copying.

600

rebalancer_rerank_megabyte_limit

Rough limit on the amount of data the rebalancer will rerank at once.

25

rebalancer_rerank_threshold

Minimum coefficient of overall read load variation that will trigger rerank activity.

0.05

rebalancer_split_target_slices

Number of new slices the rebalancer will attempt to split a slice into.

2

rebalancer_split_task_limit

Maximum number of operations that rebalancer_split will schedule at once.

4

rebalancer_split_threshold_kb

Size at which the rebalancer splits slices.

1048576

rebalancer_vdev_task_limit

Maximum number of simultaneous rebalancer operations targeting one device.

1

replication_master_batchsize

Batchsize for events that the replication master generates to pass to a slave.

256

replication_master_buffer_kb

 

65536

replication_master_timeout_ms

 

60000

report_host

 

 

report_password

 

 

report_port

 

3306

report_user

 

 

retry_insert_duplicates

 

3

retry_timeout

 

300

rlimit_nofile

 

65536

runlevel

 

USER

saturate_days_per_month

 

false

sequence_dont_lock

 

false

server_id

Server ID for Clustrix as Replication Master.

1

session_id

Session ID for client connections.

0

session_log_bad_queries

Log BAD queries to the /var/log/query.log.

false

session_log_bad_read_ratio

 

100

session_log_bad_read_threshold

 

4000

session_log_ddl

Log DDL statements to /var/log/query.log.

true

session_log_error_queries

Log ERROR statements to /var/log/query.log.

true

session_log_slow_queries

Log SLOW statements to var/log/query.log.

true

session_log_slow_threshold_ms

Query duration threshold in milliseconds before logging this query.

20000

session_max_call_depth

 

256

show_slave_auth_info

 

false

sierra_allow_distributed_hash_aggregates

Must be set to true to turn on distributed hash aggregates.

false

sierra_allow_distributed_stream_aggregates

Must be set to true to turn on distributed stream aggregates.

false

sigma_aggregate_cost_factor

 

1

sigma_distinct_cost_factor

 

1

sigma_sort_cost_factor

 

1

slave_exec_mode

 

strict

slave_reconnect_interval

 

10

sql_auto_is_null

Clustrix does not implement the functionality for this variable. The value is false by default, and it cannot be set to true.

false

sql_log_bin

Log statements to binary logs. This variable can be set to FALSE on a per-session basis.

true

sql_mode

 

 

sql_notes

互換性のためのものでダミーの変数です。

false

sql_quote_show_create

 

true

sql_select_limit

 

18446744073709551615

statement_is_thread_specific

 

false

stream_aggregate_cost_factor

 

1

stream_combine_cost_factor

 

1

stream_merge_cost_factor

 

1

sync_binlog

互換性のためのものでダミーの変数です。

0

syslog_tail_lines

 

10

system_time_zone

Time Zone. Must be set in Olson time zone format. ガイドを見てください。

UTC

table_lock_cost_factor

 

1

table_locks_cost_factor

 

1

task_bigc_interval

Milliseconds between runs of periodic task "bigc". Specify 0 to disable periodic task.

1000

task_binlog_delete_interval

Milliseconds between runs of periodic task "binlog_delete". Specify 0 to disable periodic task.

2000

task_binlog_rotate_interval

Milliseconds between runs of periodic task "binlog_rotate". Specify 0 to disable periodic task.

120000

task_clustrix_dev_dead_monitor_interval

Milliseconds between runs of periodic task "clustrix_dev_dead_monitor". Specify 0 to disable periodic task.

30000

task_clustrix_dev_full_monitor_interval

Milliseconds between runs of periodic task "clustrix_dev_full_monitor". Specify 0 to disable periodic task.

30000

task_deadlock_detect_interval

Milliseconds between runs of periodic task "deadlock_detect". Specify 0 to disable periodic task.

500

task_disk_full_monitor_interval

Milliseconds between runs of periodic task "disk_full_monitor". Specify 0 to disable periodic task.

30000

task_eth_watchdog_interval

Milliseconds between runs of periodic task "eth_watchdog". Specify 0 to disable periodic task.

10000

task_ethhb_check_nodeinfo_interval

Milliseconds between runs of periodic task "ethhb_check_nodeinfo". Specify 0 to disable periodic task.

10000

task_ethhb_ping_interval

Milliseconds between runs of periodic task "ethhb_ping". Specify 0 to disable periodic task.

1000

task_latch_watchdog_interval

Milliseconds between runs of periodic task "latch_watchdog". Specify 0 to disable periodic task.

300000

task_mysql_binlog_index_scrubber_interval

Milliseconds between runs of periodic task "mysql_binlog_index_scrubber". Specify 0 to disable periodic task.

100000

task_mysql_binlog_indexer_interval

Milliseconds between runs of periodic task "mysql_binlog_indexer". Specify 0 to disable periodic task.

1000

task_mysql_session_idle_kill_interval

Milliseconds between runs of periodic task "mysql_session_idle_kill". Specify 0 to disable periodic task.

300000

task_pdcache_pageout_interval

Milliseconds between runs of periodic task "pdcache_pageout". Specify 0 to disable periodic task.

300000

task_pdcache_prune_interval

Milliseconds between runs of periodic task "pdcache_prune". Specify 0 to disable periodic task.

1800000

task_pdcache_update_interval

Milliseconds between runs of periodic task "pdcache_update". Specify 0 to disable periodic task.

0

task_rebalancer_gather_interval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_gather". Specify 0 to disable periodic task.

300000

task_rebalancer_monitor_interval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_monitor". Specify 0 to disable periodic task.

5000

task_rebalancer_reap_queues_interval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_reap_queues". Specify 0 to disable periodic task.

100000

task_rebalancer_reap_replicas_interval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_reap_replicas". Specify 0 to disable periodic task.

100000

task_rebalancer_rebalance_distribution_inerval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_rebalance_distribution". Specify 0 to disable periodic task.

30000

task_rebalancer_rebalance_interval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_rebalance". Specify 0 to disable periodic task.

30000

task_rebalancer_redistribute_interval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_redistribute". Specify 0 to disable periodic task.

30000

task_rebalancer_reprotect_interval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_reprotect". Specify 0 to disable periodic task.

15000

task_rebalancer_rerank_distribution_interval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_rerank_distribution". Specify 0 to disable periodic task.

100000

task_rebalancer_rerank_interval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_rerank". Specify 0 to disable periodic task.

100000

task_rebalancer_softfail_interval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_softfail". Specify 0 to disable periodic task.

60000

task_rebalancer_split_interval

Milliseconds between runs of periodic task "rebalancer_split". Specify 0 to disable periodic task.

30000

task_softfail_interval

Milliseconds between runs of periodic task "softfail". Specify 0 to disable periodic task.

60000

task_trxshoot_interval

Milliseconds between runs of periodic task "trxshoot". Specify 0 to disable periodic task.

30000

task_trxstate_cleanup_interval

Milliseconds between runs of periodic task "trxstate_cleanup". Specify 0 to disable periodic task.

2000

task_watchdog_interval

Milliseconds between runs of periodic task "watchdog". Specify 0 to disable periodic task.

10000

task_watchdog_verbose

 

true

time_zone

MySQL time zone settings. Should always be 'SYSTEM'.

SYSTEM

timestamp

 

0

truncate_long_blobs

 

false

trxshoot_disk_min_pct

 

5

trxshoot_undo_min_pct

 

2

tx_isolation

 

REPEATABLE-READ

union_all_cost_factor

 

1

unique_checks

 

true

use_hash_aggregates

 

true

version

A version string indicating the version of the software. 変更してはいけません。

5.0.45-clustrix-mainline1-8401-cc2e86516c048bb1-release

version_comment

Cluster Version information.

 

view_strmaps_upgraded

 

false

wait_timeout

 

28800

warning_count

 

0

 

 

  • ラベルなし
TOP
inserted by FC2 system