メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

介入無しにノード障害からクラスタを回復できるようにするいは、十分なディスクの空き容量を維持する必要があります。必要な容量を計算には、以下の公式を使用します:

Recovery Threshold % = (N - 1) * 95 / N


例えば、4つのノードのクラスタに関して、完全なクラスタオペレーションを維持し、ノード障害時に耐障害性を維持するには、N=71.25% が閾値になります。この値はクラスタが大きくなるほど改善されます。

Recovery Threshold (N=6) = (N-1) * 95 / N = 79.17
Recovery Threshold (N=10) = (N-1) * 95 / N = 85.50
Recovery Threshold (N=20) = (N-1) * 95 / N = 90.25


If your applications write data at a rate that fills the cluster aggressively, use a value that is more conservative than 95% in your calculations, to ensure that data can continue to be written while you are waiting for a replacement node to join the cluster and for data redistribution to complete.


クラスタの使用容量を調査するには、Clustrix  CLX ユーティリティを使ってください。

TOP
inserted by FC2 system